テレビ朝日のニュース番組・グッド!モーニング内で【林修先生のことば検定】というクイズコーナーがあります。

今日は鍼灸の日ということで、お灸が語源となった言葉はなんでしょう?という問題でした(*´∀`)


①煙に巻く
②皮切り
③合図


正解は…

②皮切りでした!

お灸は平安時代から、貴族に愛好されてきました。
徳川家康や豊臣秀吉などの戦国武将たちもお灸をしていたとか!

昔のお灸は熱くて痛いものでした。
特に一番最初にすえるお灸は、肌が慣れておらず、皮膚を切るような痛みだったとのことから
「皮切り」 と呼ばれたそうです。

江戸時代には、今のように「手始め」という意味で使われるようになったそうです。


管を使って鍼をたてて、トントンと叩いて刺入する方法がありますが
それを「切皮(せっぴ)」といいます。

まさか、お灸でも似たような言葉があるなんて知りませんでした!

それぐらい、現代のお灸は温かくて・ほかほかして・やけどの心配のない安全なものとなっています(*´∀`)

当院では、お灸をしているとイビキをかいて寝てしまう患者さんもおります (笑)

DSC_1828

↑鍼灸(49)の日なので、49個のお灸を作りました♪


DSC_1830


↑お灸をする時は、必ず消火用のお水を近くに置きましょう

DSC_1831
↑大きさは、親指の爪ぐらいです。
もぐさを一度ほぐして、この形にしています。


DSC_1833
↑お線香で火をつけます
3分の1~半分近くまで燃えたらとります。

DSC_1834

↑お水につけて消火しました。


これぐらいで効くの?と思われる方も多いと思いますが、これで効くのです(*´∀`)

お灸をしたあとは、硬く張っていたところがゆるんできたり、体の中からポカポカしてきます。

吹き出物や、虫刺されなどもお灸をしてあげると跡が残らずきれいに治る事が多いです。

逆に熱すぎるお灸をすると、体がギュッと強ばります。

お家でお灸をするときは、温かくて気持ちいいな~を限度にしてくださいね!

お腹もお灸も、腹八分目が丁度いいのです。


 気持ちの良い鍼、温かいお灸、小児はり
八千代はり院のホームページはこちらです。 




昨日より、緊急事態宣言が発令されました。
診療の方は、ご予約の患者さまからのキャンセルがなかったこと

今の時点では、鍼灸院の営業について具体的な自粛要請がでていないことから

通常通り診療させて頂きました m(__)m

今後、どのような状況になるかわかりませんが

・患者さま同士の予約の間隔をあける

・どうしても予約の間隔があけられないときは、離れた場所に設置したイスに座ってもらう

・待合室にあるアルコールジェルを使ってもらう

注意をして、診療させて頂きますm(__)m


また、ご予約について

・ご予約が17時以降入らない時は、早めに退勤させて頂きます。
当日予約をされる方は、早めにご連絡頂けたら幸いです。



私が気を付けていること

毎日の検温、手洗い、うがい、院内の消毒は徹底して行っております。

また
外出から戻ったら手洗い、うがいに加えて歯みがき(朝、治療院に着いたら真っ先に歯を磨いております)


電車やバスなどに乗っている時は、マスクの中でガムや飴をなめて口呼吸をしないようにしております。
(唾液もでるしオススメです♪)

そして家に帰ったら着ている物は全部洗濯して、なるべく早くお風呂へ!


自宅待機で体がバキバキ、一日中お子さまと一緒で心身共に疲弊している患者さまが、本当に増えております。

ストレッチ、ラジオ体操、湯船につかる、日光浴
ちゃんとお布団で眠る…

色々やってもしんどい時はご相談くださいね♪


 気持ちの良い鍼、温かいお灸、小児はり
八千代はり院のホームページはこちらです。 


まさかの3月終わりに、関東でも雪が降りました。
年末から異常気象ですね、気温の変化の差が激しくてついていけません。

お陰様で八千代はり院は、今のところ私も患者様も無事です(*´ω`*)
ありがたいことです。

風通しの良い?通気性の良い?(笑)治療院で、一対一の治療。

患者さん同士の距離が空けられるよう、続けてご予約が入っている時は
治療待ちの患者さんと治療が終わった患者さんでイスを離して設置しています。

これはワンルームでは、できなかった!(笑)
一長一短ですね。

そして、待合室にも消毒ジェルを置いてありますので、ご自由にお使いください!


コロナ関係なく【当たり前】ですが
一人ずつ、使い捨ての鍼を使用し
枕カバーも一人ずつ交換
体が当たるもの(胸あて等)は、治療後すぐに次亜塩素酸水で消毒しております。
他、トイレのドアノブ・玄関・イス・治療室内のものも同じように次亜塩素酸水で消毒しております。

コロナは湿気に強いのか弱いのか?わかりませんが、とりあえず花粉対策にもなるだろうと、空気清浄機+湿度が低いときは加湿器も稼働中です。


自分自身は、
手洗い・うがい・歯磨き(本当は朝起きてすぐが、1番口腔内に雑菌多いのでオススメ!)
・お風呂に入る
・早く寝る(←なかなか出来ない)
・患者さんの治療に入る前、治療した後、お茶やお白湯を飲む
・体を冷やさないようにする(毎日腹巻きしてます)
・お灸、鍼をする(毎日、朝イチの患者さんが来る前に鍼とお灸の練習がてら自分の体にやってます)


患者さんにオススメしているのは

ストレッチしたり、できる範囲で体を動かす
窓を開けて換気をして、日なたぼっこをする

それだけでも体内時計やホルモンが安定します。
またお天気になったら、日なたぼっこオススメです(*´∀`)



さぁ、今日はお家で引きこもります。

IMG_20200329_130525



お伴はジブリプロデューサー・鈴木敏夫さんが書いた「天才の思考」

宮崎駿監督と高畑勲監督の作品作りにかけた情熱を、ジブリの作品と照らし合わせながら「トトロの時はこうだった」「おもいでぽろぽろはこうやって使った」など書かれてあり、新書の中ではぶあついのですが、あっと言う間に読み終えてしまいました。

そしてまんまとジブリが観たくなり

紅の豚
おもいでぽろぽろ
かぐや姫の物語

を借りてきました。

実は私、ジブリの作品はあまり見てなくて

トトロ、パンダコパンダ、もののけ姫、ハウル、ポニョ、千と千尋、魔女の宅急便

ぐらいかな?
最初から最後まで観たことがないのです。

ナウシカはオームが苦手で(^-^;

ラピュタもなんとなく…(人生の半分を損していると言われます)

そして高畑監督作品もあまり見てないなぁと言うことに気づきました。


ファンタジーや魔法の世界が得意な宮崎駿監督

日常とリアルを追及する高畑監督

天才の思考を読んだら、高畑監督のこだわり、それに応えるスタッフが物凄くて
(そこに心配でちょくちょく現場に足を運んで叱咤激励?する宮崎駿監督  笑)

ぜひ観てみたくなりました。


また見終わったら感想をあげるかもしれません(笑)

お家でじっくりジブリ作品、オススメです。
できれば、手元に天才の思考を置いておくと何倍も楽しめますよ!!!

とても読みやすいので、ぜひ♪



気持ちの良い鍼、温かいお灸、小児はり
八千代はり院のホームページはこちらです。 






↑このページのトップヘ